オールインワン初心者用のおすすめはこちら!お得な価格を調査

オールインワンジェルは、その名の通り1つで化粧水・美容液・クリーム・化粧下地など一通りのスキンケアを一つでまかなってくれる便利な商品です。

 

洗顔後に、ひとつでスキンケアできてしまうので家事や仕事子育てなどでメイクに期間がかけていられない方にピッタリのアイテム。

 

今回はそんなオールインワンジェルの選び方や種類をおススメします。

 

この記事で分かること↓

 

  • オールインワンジェルの選び方イント
  • オールインワンジェルのタイプ
  • オールインワンジェルの使い方
  • オールインワンジェルのおすすめを紹介

 

オールインワンジェルの選び方のポイント

 

オールインワンジェルといっても、敏感肌用・美白・アンチエイジング・乾燥肌用など様々なタイプがあるので、ご自身の肌の状態に合わせてどんな美肌効果が必要なのかを考えて選ぶと良いでしょう。

しみ・シワなどの年齢肌をケアしたい人には、少し高価な美容液級の美容成分が配合されているオールインワンジェルもあります。

また、美白効果が高いものは夏、保湿効果の高いものは冬といったように季節によって使い分けるのもひとつの方法です。

それと使うタイミングに合わせて、オールインワンジェルを選ぶと効果が感じやすくなります。

外に仕事をしている方には、UVカット剤が入っているとさらにUV対策もできて忙しい朝に便利です。

そして、夜は肌に保湿を与えるために保湿効果の高いもの・油分が多いものを使うとより効果的です。

 

オールインワンジェルのタイプ

オールインジェルにもタイプがありますのでご自身の肌希望するタイプに沿って選んでください。

乾燥肌用オールインワンジェル

乾燥用オールインワンジェルは、最も基本的なオールインワンジェルとして知られています。

特徴的な成分としては、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが挙げられます。
ヒアルロン酸やセラミドは保水力が高く肌の中でしっかり水分をキープしてくれます。

その中でもコラーゲンは肌の弾力を保つ役割を果たしていますが、化粧品として配合される場合は保湿成分として使用されています。

他にも、皮膚を保護し健康的な状態を保つアミノ酸などの美容成分が含まれているものも多いです。肌トラブルの多くは乾燥を防ぐことで解決できるため、迷ったときには、保湿力と保水力に優れたものを選ぶと良いです。

 

ハリや弾力を取り戻すオールインワンジェル

お肌の弾力やハリが物足りなくなってきている人におすすめなのが、ハリや弾力を取り戻すオールインワンジェルです。

弾力やハリや取り戻すオールインワンジェルには、コラーゲンを増やす成分の中で効果が高いとされる、ナイアシン、ビタミンC誘導体やレチノールなどが配合されています。

なのでコラーゲンがつくられるのを促す成分の入った化粧品を取り入れることが大切です。
それぞれ特徴があるので肌質に合ったものを見つけ、いつまでも若々しい肌を手に入れましょう!

美白用オールインワンジェル

加齢とともに出てくる、色素沈着によるシミに悩んでいる人に向いているのが美白用オールインワンジェルです。

美白用オールインワンジェルの場合は、ビタミンEやビタミンC誘導体が豊富に配合されているものを選ぶと良いです。

また、アミノ酸がたくさん配合されているものもGOOD!
アミノ酸には肌本来の力を引き出す効果があるため、ターンオーバーの正常化に繋がるため、おすすめです。美白用オールインワンジェルは人気が高く、いろいろメーカーから様々な商品が販売されているので、自分の肌に合ったものをみつけましょう。

敏感肌・乾燥肌用オールインワンジェル

私は、「肌が弱いからオールインワンジェルは使えない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

1つで何役もこなしてくれるが故に、オールインワンジェルを使用するのに不安を感じる人もいると思います。

ですが、メーカーによっては、肌が弱い人向けに敏感肌・乾燥肌用オールインワンジェルを発売しているところもあります。敏感肌用オールインワンジェルには、和漢植物エキスを利用してお肌に優しいジェルを実現しているものが多いです。
また、アミノ酸やセラミドを配合することでお肌本来のバリア機能をアップするよう作られたものもあります。

 

オールインワンジェルの上手な使い方

オールインワンジェルは、化粧水と違ってジェル状なので塗り方にも少しコツがいります。

大切なことはジェルが毛穴にしっかり入り込むように内側から外側へ、下から上へ、向かって塗るのが正しい方法です。

塗り方で保湿効果も変わってくるのでぜひ試してみて下さい。

また、浸透を良くするためには手で少し温めてから、オールインワンジェルを塗ります。そうすることでより肌に浸透するのでボロボロとカスが出てくることはありません。

オールインワンジェルだけでは潤いが足りないというときは、ニベアなど他の化粧品と一緒に使っても大丈夫です。

方法としては、初めてに化粧水をつけてからジェルを塗る化粧水+美容液+ジェルにしたりジェルの後にクリームを塗るという方法などがあります。

美容液は一般的に化粧水の後に使いますが、導入美容液は洗顔後すぐに使うと化粧水の浸透力を高められます。オールインワンジェルの前に使うことで、時間短縮しながらジェルの美白効果を高められます。

オールインワンジェルを使う時の注意点

オールインワンジェルは1つに多くの成分が入っているので朝の忙しいときはとっても嬉しい商品です。

その反面、トラブルが起きたときや使ってみて合わないと思ったときにどの成分が肌に合わないというデメリットもあります。

合わないと思えばとりあえず使用を中止して様子を見ることが大事です。
商品によっては商品を使っていても返金してくれる全額返金保証を設けているメーカーもありますのでそちから選ぶのも1つの方法です。

 

オールインワンジェルのおすすめ10選を紹介!

肌質で選ぶ

いくら人気で効果が高いオールインワンジェルでも、肌質に合わなければ意味がありません。肌荒れを起こさないようにするためにも、自分の肌質に合ったオールインワンジェルの選び方を知っておきましょう。

 

[alert title=”注意”]ここに文章[/alert]乾燥肌用

ももぷり 潤いジェルクリーム 80g

 

出典:https://www.amazon.co.jp

乾燥肌の方は文字通り肌が乾燥しているので保湿を重視したオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。
塗った後にさらっとした感じになるよりはクリーム系の方が乾燥しにくくなります。

できれば、パック機能があるオールインワンジェルでパックをするものを選ぶようにしてください。
洗顔後にオールインワンジェルをたっぷりと顔に塗り、5~10分経ったらティッシュで軽くおさえて余分な脂を取ります。塗った上にラップしてあげると保湿効果も上がるのでおススメです。

 

脂性肌用

ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g

出典:https://www.amazon.co.jp

脂性肌だとクリーム状のオールインワンジェルを塗ってしまうとベタ付きやすくなります。

べたついた状態が続くと化粧のノリが悪くなったり、毛穴を塞いでしまうことでニキビができやすくなることもあります。

なので脂性肌の人はクリーム状のものは避けさらっと塗ることができるジェルを選びましょう。(乾燥肌用と逆のイメージです)

また、Tゾーンやおでこ・鼻のあるフェイスラインのUゾーンには、オールインワンジェルを薄めに塗るよう意識してください。

 

 

混合肌用

ネイチャーコンク薬用モイスチャーゲル100g

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

脂性肌や乾燥肌が混在している混合肌の人は、オールインワンジェルの選部のはなかなかむずかしいです。
しかし、一般的に肌の水分量を補うのが重要なので保湿力の高いものを選ぶのが基本です。

脂性肌向と乾燥肌向けの両方を塗り分けることで、肌質に合ったスキンケアができるでしょう。
UゾーンやTゾーンでテカりが気になる部分にはジェルタイプを、口元や目元の乾燥が気になる部分にはクリームタイプを塗ってください。

人気の高いものを選ぶと比較的肌トラブルがなく使うことができます。アットコスメなどの口コミを参考にしつつ、自分の肌に合うものを探してみましょう。

 

敏感肌用

素肌しずく 保湿ゲル(詰替) オールインワン

 

出典:https://www.amazon.co.jp

オールインワンだとスキンケアが一つで済むので、肌に刺激を与えにくいので最も敏感肌に適しています。

パラベン・香料・着色・鉱物油・アルコールなどを使用していない肌に優しいものがおすすめです。
そういった添付情報は公式サイトにしっかりと書かれていますので参考にしてください。

また、保湿だけで美白やエイジングケアといった他の効果がないシンプルなものを選んだ方が、肌に刺激を与えにくくなります。

目的で選ぶ

オールインワンジェルを選ぶ一番は保湿ですが、その他にも・アンチエイジング・美白・肌荒れに効果があるものもあります。まずは効果と有効成分を知って、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

保湿用

がばいよか肌ぷるジェルクリーム

 

出典:https://www.amazon.co.jp

保湿することで乾燥を防ぐだけでなく目元などの気になる小じわにも効果もあります。

保湿成分のアミノ酸・ヒアルロン酸・セラミなどが多く含まれているものほどしっかりと保湿することが可能です。

その他にも保湿に有効な成分は多数あるので、購入前に公式サイトや成分表をチェックしましょう。

 

美白用

 

シズカゲル

出典:https://www.amazon.co.jp

美白に関する成分は、メーカー独自のものも多いです。一般的な有効成分としては、アルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキスがあり、メラニンの生成を抑制することでシミ・そばかすを防ぎます。

美白を目的としたオールインワンジェルは若干価格が高めですが医薬部外品の表示があるものは「有効成分が一定以上配合されている」と、厚生労働省に認められた商品です。選ぶ時の目安にしてみてください。

エイジングケア用

なめらか本舗 とろんと濃ジェル

出典:https://www.amazon.co.jp

保湿をすることで小じわを目立たなくさせる効果は期待できますが、アンチエイジング効果とはまた別です。有効成分としては、抗酸化作用により肌へのダメージを抑えるアスタキサンチン、肌にハリを与えるレチノールやレチノール誘導体があります。

 

肌荒れ・ニキビ

 

出典:https://www.amazon.co.jp

ニキビや肌荒れに効果のあるオールインワンジェルは少ないので、化粧水などと併せて使用するといいでしょう。有効成分としては、グリチルリチン酸ジカリウムが挙げられます。

ニキビができやすい人は、肌に炎症が起こっている場合が多いのでさらっとしたタイプのものを選びます。ニキビ跡が気になるなら美白成分が含まれているものを選ぶのがおすすめです。

年代で選ぶ
年代によって必要なスキンケアは移り変わっていきます。肌タイプや目的をあまり気にしない方は年代に合ったオールインワンジェルを使ってみましょう。

 

10~20代

 

10~20代前半までは皮脂が多くなりがちなのでニキビもできやすいです。
さっぱり使えるものならベタつきにくく使いやすいでしょう。

プチプラのオールインワンジェルだとスキンケアがそれだけで済むので、費用を抑えられるのも大きなメリットです。

20代後半にかけてはすこし乾燥を感じたりと、肌調子が少しずつ変わるのを感じるかもしれません。もし、乾燥が気になって保湿が足りないように感じたらより保湿力の高いものに変えてみましょう。

30~40代
出典:https://pixabay.com

30~40代になると、さまざまな肌トラブルが気になってきます。より保湿効果が高めで、美白効果のあるオールインワンジェルを選びましょう。今はそばかす・シミ・くすみが気にならなくても、後々の肌に響いてきますよ。

50代以上

出典:https://pixabay.com

たるみやしわ・シミが気になる50代以上は、エイジングケア効果のあるオールインワンジェルがおすすめです。しっかりと保湿しつつ肌にハリやツヤを与えることで小じわが気になりにくくなります。

オールインワンジェルのまとめ

ざっとオールインワンジェルをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

肌質や年代、用途までいろんな種類のオールインワンジェルが発売されています。

はやりすたりはありますが、大切なことは自分の今の肌質と向き合って決めることが重要になってきます。

いつまでも若々しい肌でキレイになるために^^。